出世と縁結びだけじゃない!赤坂・日枝神社のご利益

東京都の神社・お寺

こんにちは。本日は東京赤坂にある「山王日枝神社」をご紹介いたします。東京のビジネス街にたたずむ神社であり、出世や仕事運そして縁結びにご利益があることで有名ですが、他にもさまざまなご利益が頂けます。江戸三大祭の一つである「山王祭」も有名ですね。おススメのパワースポットやご利益について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

山王日枝神社の基本情報

*住所*東京都千代田区永田町2-10-5
*交通機関・最寄り駅*東京メトロ「溜池山王駅」から徒歩3分・「国会議事堂前駅」「赤坂見附駅」徒歩5分
*日枝神社URL*https://www.hiejinja.net/

日枝神社の創建については詳しくは伝えられていませんが、室町時代に太田道灌が江戸城を築城するに際し、現在の埼玉県にある「川越日枝神社」を勧請したことに始まるとされています。

関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は、都を江戸に遷し、江戸城の鎮守としました。徳川家の信仰心はとても篤く、年に数回の参拝や奉納があったといいます。

そして、明治時代を迎えると、明治天皇は日枝神社を含む十社を准勅祭社と定め、現在では「東京十社」として残ってます。

日枝神社の御祭神

日枝神社には大山咋神(オオヤマクイノカミ)、国常立神(クニノトコタチノカミ)、伊弉冉神(イザナミノミコト)、足仲彦尊(タラシナカツヒコノミコト)がお祀りされています。

大山咋神・国常立神・伊弉冉神は古事記や日本書紀などの神話に登場する神様です。足仲彦尊は仲哀天皇とされています。

大山咋神は別名”山王”といい、比叡山(日枝山)に鎮座した神様とされています。「山王日枝神社」や「溜池山王」等の由来となっています。大山咋神はスサノオの孫の代とされ、”咋”=”杭”と同じ意味であり、物事に杭を打ち、基礎づけさせると共に山や水を司る神様とされています。

スポンサーリンク

日枝神社までのアクセスは?

東京メトロ各線の複数の駅から参拝できます。非常に立地の良い神社です。

東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」(7番出口)千代田線「国会議事堂前駅」(5番出口)銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」(11番出口)から徒歩3分~10分で到着できます。

上記のアクセスに加え、千代田線「赤坂駅」(2番出口)からも徒歩3分ほどで到着できます。

また、駐車場も完備されているとのことで、お車での参拝も可能です。

スポンサーリンク

日枝神社のパワースポット

日枝神社の広い境内は見どころが多く、参拝だけでなく散策もオススメです。

隠れミッキーのようにあちこち見つかる♡マークや形の変わった鳥居など、一つ一つ目を楽しませて参拝してみてください。

本殿への仕事運や恋愛運アップ!

本殿には、4柱の神様がお祀りされています。その中でも、国常立神は”国土形成の神様”とされ、神代七代の最初の神様とされています。国家レベルでは「国家安穏」、個人レベルでは出世・開運・厄除け・縁結びなどにご利益があるとされています。仕事運アップや恋愛運アップを願い、サラリーマンの方や若い女性の参拝が多く見られます。

神様の使いであるご夫婦の神猿

社殿の手前には狛犬ではなく、夫婦のお猿さんの像があります。右手が雄猿で、左手が雌猿です。
雌猿は子猿を抱えていることから、雌猿をなでると子宝に恵まれると言われています。
雄猿は、出世運・仕事運が上がるとされており、参拝の際に是非撫でてみましょう。

また、「神猿」と書いて「まさる」と読み、「魔が去る」という意味に、そして「猿」は音読みで「エン」であることから「縁」に通じるとされ、とても縁起の良い動物です。商売繁盛や縁結びを祈願される方も多くいらっしゃいます。また、夫婦のお猿さんということから家内安全や家庭円満のご利益もあるとされています。

強烈なパワーを放つ末社

日枝神社の末社には強力なパワーがあると言われています。見逃してしまいがちですが、本殿への参拝とともに忘れずに参拝したいお社です。

「山王稲荷神社」は日枝神社が遷座する前からの地元の神様であり、倉稲魂命がお祀りされています。「お稲荷さん」という名前の方が親しみやすいと思います。

「猿田彦神社」道開きの神様として知られています。仕事運や出世運だけでなく、これからビジネスをしようとしている人の道案内をしてくださいます。また、本殿の大山咋神は基礎を築いてくれる神様ということで、何かを始めるという時には是非参拝してご利益を頂きたい神様です。

「猿田彦神社」内に奉斎された「八坂神社」は京都の八坂神社をルーツに持ちます。商業や農業にご利益があり、また病気や厄などを避けて下さると言います。

スポンサーリンク

最後に

日枝神社にいらっしゃる神様は「良いスタートを切り、道案内を基礎を固めてくれる神様」と言えます。新しい一年のスタートを切る際や何か新しいことを成し遂げようとするときに是非ご縁を頂きたい神社の一つです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました